image

夏ですね!毎日暑いですね!



日本の夏といえば花火大会



今年もそんな季節になりました。



毎年どの花火大会に行こうかな~なんて迷っている方も多いと思いますが、今回は数ある花火大会の中から、2015年8月1日に行われる江戸川区花火大会についての穴場スポット場所取りについて調べてみましたよ!


スポンサードリンク


江戸川区花火大会の日程は?


title2015

昨年は139万人もの人が来場した『エキサイティング花火 江戸川区花火大会』ですが、今年2015年は8月1日に開催されます



東京都江戸川区の江戸川河川敷で打ち上げ数は約14,000発



開催時間は19:15~20:30までです。



会場へのアクセスは、JR総武線「小岩駅」からなら徒歩25分、都営新宿線「篠崎駅」からは徒歩15分ですが、非常に混雑するので早めの移動をお勧めします!




駅での混雑を避けたい場合、京成線「京成江戸川駅」(徒歩25分)や都営新宿線「瑞江駅」(徒歩45分)の利用もお勧めです。



江戸川区花火大会では、趣の違う8つのテーマで構成されており、今年の見どころはテーマ1の「感謝感激☆江戸川夢華火」



江戸川名物の5秒間1,000発打ちによるド迫力のオープニングだそうです!



公式ホームページのプログラムはこの通り!


テーマ1 「感謝感激☆江戸川夢華火」
テーマ2 「芝桜~富士に舞う~」
テーマ3 「サマースプラッシュ!!」
テーマ4 「集まれっ!夜空のおにごっこ」
テーマ5 「えどがわ四重奏♪♪」
テーマ6 「鏡花水月~夜空の森林浴~」
テーマ7 「YELLOW RUSH」
テーマ8 「輝きの道しるべ」
                   (江戸川区花火大会HPより)


スポンサードリンク


オススメ穴場スポットは?


Big fireworks with silhouetted people in the foreground watching
Big fireworks with silhouetted people in the foreground watching


江戸川区花火大会の打ち上げ場所は都立篠崎公園先の江戸川河川敷です。



打ち上げ場所から近いところで見たいのは山々ですが混雑は必至です。



できるだけ混雑を避けたいと思っているあなたにオススメの穴場をご紹介します!



穴場1.篠崎公園

打ち上げ会場から近く、穴場スポットとしては有名な篠崎公園。



もはやあまり穴場とは言えないかもしれませんが、広い公園なので場所取りできればゆったり見ることができます。



穴場2.篠崎ポニーランド付近

打ち上げ場所から少し離れた篠崎ポニーランドもおススメの穴場です。



打ち上げ場所からの距離はありますが、視界を遮るものがないので綺麗な花火を鑑賞できます。



穴場3.市川市側観覧席

江戸川区花火大会はお隣の千葉県市川市の市川市民納涼花火大会と共同開催となっています!



なので、市川会場からも同じ花火を見ることができます。



しかも、江戸川区側よりも若干空いているそうなので、こちらもオススメです。



市川会場はJR総武線「市川駅」南口より徒歩15分です。


スポンサードリンク


場所取りはできる?良い場所を取るコツは?


江戸川区花火大会公式HPでは場所取りについて以下のように注意しています。


観覧場所の場所取りについて
危険防止の為、大会当日以前の場所取りは禁止しております。(くい・ロープ等は転倒の原因となります)
大会当日、必要以上の席の確保はご遠慮ください。
また、少人数による過度な場所取りはお止め下さい。




例年の様子を見てみると、やはり良い場所は当日の早朝には埋まってしまうようです。



しかし、グループでなく2名分くらいのスペースであれば、当日の夕方でも良い場所を狙えるかもしれません。



大人数のグループや花火大会当日の早朝に場所取りに行ける人であれば、なるべく早い時間に場所取りすることをお勧めします!



その際は、シート持参で風対策に重しも用意してください。



以前ニュースになった芝生に直接スプレーをかけて場所取りをするなんてことは絶対にしないでください!



花火大会には場所取りや会場の混雑など苦労がつきものです。



それも一つの夏の思い出として、イライラせず楽しんでくださいね!!



以上、江戸川区花火大会2015!オススメ穴場スポットと場所取りについてでした。


スポンサードリンク