2072457_201605300304807001464581564c

 

先日、笑点の新メンバーが気になってテレビをつけたところ、24時間テレビのマラソンランナーが発表されるという思わぬサプライズに出くわしました。

何と今年のランナーは笑点大喜利メンバー!!

わりとご高齢者が多いことで有名な番組ですが、そのメンバーだとは・・・予想外です。

・・・なんか、わずかばかり、危うげな空気をはらみますよね・・・。

いやいや、もちろん、その辺も網羅しつつ、24時間テレビの歴代マラソンランナーまとめと、間に合わない&リタイアした人について調べてみましたよ!
ご期待あれ~~!

 

スポンサードリンク

24時間テレビ2016!放送日や内容は?

今年の24時間テレビ、決定して発表されていることをまとめてみましょう。

・24時間テレビ2016のメインテーマは?

2016年『24時間テレビ39 愛は地球を救う』は

8月27日(土)~28日(日)放送予定

テーマは「愛~これが私の生きる道~」です。

 

・24時間テレビ2016のパーソナリティは?

メインパーソナリティは7年ぶり2度目NEWSの皆さんと既に4月の段階で決定が発表されています。

7年前と言えば、メンバーに山下智久さんや錦戸亮さんもいたNEWSですが、年齢も20代後半~30代へと突入した大人のNEWS、メインパーソナリティとしては前回の経験も経て、しっかりと安心して見られる今回になるのではないかと期待します。

チャリティーパーソナリティーにはNHK『あさが来た』の主人公白岡あさ役でお茶の間の皆さんの認知度が急速に上がった、女優の波瑠さんが起用されるようです。

波瑠さんといえば、フジテレビ『めざましテレビ』のトレンド情報レポーターの経験もありますから、全世代の知名度・仕事の熟練度から言っても適任といえるかも知れませんね。

 

・そして、24時間テレビ2016、マラソンランナーは?

さて、問題のマラソンランナーですが、なんと、笑点メンバーの中でも若手の林家たい平さんに決定!!

若手といっても笑点メンバーの中ですからね、新メンバーの三平さんがやっと平均年齢を下げたと言っても、笑点メンバーですからね。

太平さん、入門当時から体重は20㎏増え、膝に難を抱える、御年51歳

いやはや、なかなかのスリルですが、大丈夫なのでしょうか?

 

24時間テレビの歴代マラソンランナーまとめ!

 

それも、あれも踏まえまして、歴代のマラソンランナーとその距離、惜しくもリタイア、もしくは、放送時間を割ってしまった歴代ランナーのまとめに入りましょう。

今年で39回目を迎える24時間テレビですが、マラソンが始まったのは1992年の第15回目からです。

 

・歴代ランナーまとめ

 

1992年 第15回 距離200㎞ 間寛平
1993年 第16回 距離200㎞ 間寛平
1994年 第17回 距離100㎞ ダチョウ倶楽部
1995年 第18回 距離600㎞ 間寛平
1996年 第19回 距離100㎞ 赤井英和
1997年 第20回 距離100㎞ 山口達也(TOKIO)
1998年 第21回 距離100㎞ 森田剛(V6)
1999年 第22回 距離110㎞ にしきのあきら
2000年 第23回 距離150㎞ トミーズ雅(トミーズ)
2001年 第24回 距離85㎞  研ナオコ
2002年 第25回 距離100㎞ 西村知美
2003年 第26回 距離110㎞ 山田花子
2004年 第27回 距離100㎞ 杉田かおる
2005年 第28回 距離100㎞ 丸山和也
2006年 第29回 距離100㎞ アンガールズ
2007年 第30回 距離200㎞ 萩本欽一
2008年 第31回 距離113㎞ エド・はるみ
2009年 第32回 距離126.585㎞ イモトアヤコ
2010年 第33回 距離85㎞  はるな愛
2011年 第34回 距離63.2㎞ 徳光和夫
2012年 第35回 距離120㎞ 佐々木健介&北斗晶ファミリー
2013年 第36回 距離88㎞  大島美幸(森三中)
2014年 第37回 距離101㎞ 城島茂(TOKIO)
2015年 第38回 距離100㎞ DAIGO
2016年 第39回 距離???㎞ 林家たい平


6994e927b05d7f7a743b5597bd91c9c2_s

24時間テレビのマラソンの最初のランナーは間寛平さんでした。

走行距離200kmの予定でしたが、事前に出発地やルートを公開したため人が殺到し、交通の妨げになるとして153km地点でリタイアとなってしまいました。

このため翌年以降は出発地やルートは原則非公開となっています。

・間に合わない&リタイアした歴代ランナーは?

過去に24時間テレビの歴代マラソンランナーを務めた人で、リタイアをしたのはマラソン初回の第15回目のランナー、間寛平さんだけです。

その翌年の第16回目でもランナーを務めた間寛平さんは前年のリベンジとして見事200km完走しました!

それ以降リタイアした歴代ランナーはいないのですが、放送時間内に間に合わなかった24時間テレビ歴代マラソンランナーが、こちらの方々です。

赤井英和
山田花子
萩本欽一
イモトアヤコ
大島美幸


マラソンのゴールは間に合わなくても放送を延長したり、後番組で生中継を行うなどの対応を行っています。

イモトアヤコさんの時だけが、選挙と重なってしまい選挙速報のために中継できず、後日録画放送されています。

 

スポンサードリンク


 

・昨年のランナーまとめ

ちなみに昨年のマラソンランナーはDAIGOさんでした。

記憶も新しい、現在の奥様、北川景子さんのお誕生日にリタイアせずに無事完走!!

公開プロポーズもありかとウワサされていましたが、それはDAIGOさん、じゃなくて、大誤算。

そんな放送はもちろんありませんでしたね。

しかし、やっぱり完走直後に『KSK(結婚してください)』のプロポーズをされていたそうで、お二人の間にはこの1年で24時間テレビマラソンから始まる素敵なドラマがあったようですね。

・今年のランナーについて

さて、今年の24時間テレビマラソンランナー林家たい平さんは本当に途中リタイアせずに完走できるのでしょうか。

まあ、落語会の瀬古さん(注:圓楽さんの別名。顔が似ているだけ。)が監督についてくださるでしょうから、大丈夫と言えば大丈夫でしょう。

先日の記者会見で、たい平さんは24時間テレビマラソンランナーのオファーが来たときに、こう思ったと語っていらっしゃいます。

笑点50周年の展覧会に行って、笑点がたくさんの人に愛されていることを感じたあと『走ってくれませんか』と言われた。

50周年の今、自分がここにいる意味、師匠が倒れてしまった意味、歌丸師匠が勇退をなさる意味。いろんなことが怖かったけど、全てが背中を押してくれた。

師匠が元日に『俺は絶対に復帰するから』と言ってくれた言葉を受け、弟子として何かできないかと思っていた。

そして監督(注:監督じゃありません)、圓楽師匠もこうおっしゃっています。

笑点50周年への思い、歌丸師匠への思い、こん平師匠への思い。

3つを背負って走ってくれるので、笑点の仲間として、できる限りのサポートをして参ります。

力強い仲間に囲まれて、2016年マラソンランナー林家たい平さんが、最後までリタイアすることなく完走されることを、心より応援いたします。

スポンサードリンク