001

今月は今年2度目の大型連休、シルバーウィークがありますね!



あまり耳慣れないシルバーウィークですが、2015年はカレンダー通りなら5連休



有休などと組み合わせると最大9連休にもなります。



秋の行楽シーズンとも重なりお出かけする方も多いかと思いますが、気になるのが交通機関の混雑状況。



ゴールデンウィークでは各地で道路渋滞や公共交通機関の混雑で大変な思いをした人も多いかと思いますが、シルバーウィークではどうなのでしょうか?



今回はシルバーウィーク期間中の新幹線の混雑予想と乗車率のピークについてまとめてみました!


スポンサードリンク



2015年のシルバーウィークはいつからいつまで?


images

2015年のシルバーウィークは9月19日(土)~9月23日(水祝)までの5連休!



24日、25日に有休を使えば9月27日(日)までの9連休にもなります!



5月のゴールデンウィークにちなみ、9月の大型連休をシルバーウィークと名付けていますが、シルバーウィークは毎年訪れるわけではないんです。



前回シルバーウィークが発生したのは6年前の2009年



ちなみに次回のシルバーウィークは11年後の2026年だそうですよ!



そんな貴重なシルバーウィーク。家でダラダラするのはもったいないですよ!


シルバーウィーク期間中の新幹線の混雑予想!


p_chuogate_01

ゴールデンウィーク同様、シルバーウィークでもやはり移動は連休初日と最終日に集中するようです。



今年の場合は9月19日(土)午前中と9月23日(水祝)の終日が最も混雑すると予想されます。



また、ゴールデンウィークほど長期の休みではないので、旅行は海外よりも国内がメインとなり、人気の観光地だとゴールデンウィーク以上に混雑してしまう場合もあります。



JRの新幹線予約状況はJRサイバーステーションにて確認できますよ!


スポンサードリンク


乗車率のピークはいつ?


JR東日本ではシルバーウィーク期間中の指定席予約状況を『えきねっと』で公開しています。



これを見ると東北新幹線の下りで9月19日(土)は午前中からほぼ満席の便が多いようです。



上りに関してはまだ余裕が見られますが、19日午前の便を中心にどんどん席が埋まっているようです。



東海新幹線や北陸新幹線なども同様に考えられますから、9月19日午前の便は各列車とも高い乗車率になることでしょう!



今回は国内移動中心ということで、旅行や帰省期間も短めとなることからUターンラッシュは少し分散する傾向にあるようです。



そのため、連休初日の9月19日(土)に乗車率のピークを迎える列車が多くなります。



乗車率の高い新幹線で自由席に座るためには?


main001

そんな混雑のなかで、もし指定席が取れなかった場合は何としてでも自由席に座りたいところですよね。



みなさんもうご存知かもしれませんが、自由席に座るためのコツを少しご紹介します!!


◆始発の新幹線を狙って、30分前には列に並ぶ

◆自由席は座席の多い号数を狙う(トイレがある車両は座席も少ない)

◆のぞみのような長距離路線を避け、ひかりやこだまを利用する



混雑する新幹線での移動は疲れてしまいますが、せっかくのシルバーウィークを楽しく過ごすためにひと頑張りしましょう!

スポンサードリンク