10666_02

シルバーウィークも終わり、9月も残すところあとわずかですね!



少しずつ秋めいてきて、外ですすきを見るとそろそろ十五夜だなぁなんて思いだします。



近年は十五夜といっても特に何もしなかったりする人も多いかと思いますが、せっかくの日本らしい行事です。



秋の訪れを十五夜で感じてみませんか?



今年はさらにスーパームーンも連続して訪れるということでとても盛り上がっていますよ!


スポンサードリンク


2015年の十五夜、中秋の名月はいつ?


img-jugoya_1-f38d71aeb4771b2e3021d4a5431c4b3a

今年2015年の十五夜はいつなのでしょうか?



その答えは9月27日(日)です!



十五夜とは、「お月見」「中秋の名月」とも言われ、旧暦の8月15日に当たる満月の日の事です。



旧暦の為、毎年日が変わるのでその都度日にちを確認しなければいけません。



○月○日!とはっきり決まっていないことから、なかなか行事が浸透しない一因となっていますね。



例年9月の中旬から10月中旬のどこかで行われる十五夜ですが、この頃がちょうど秋の真ん中「中秋」です。



この時期の乾燥した空気で月がはっきりと見えることから一年で最も美しく見える月ということで、「中秋の名月」と言われるようになったそうです。



十五夜にすることとその意味は?


一般的に十五夜にすることと言ったら、すすきとお団子やくだものを飾って月を見ることかなと思うのですが、これらにはすべて意味があるそうですよ。



もともと十五夜でお供え物をするのは、月が信仰の対象であったからと言われています。



秋の収穫に感謝するという意味も込めてお供え物がされるそうです。



十五夜と言えば月見団子で、よく山盛りにされたお団子を見ますが、こちらも穀物の収穫に感謝し、米粉を月に見立てて丸めて作ったものです。



供える数は2つの説があり、その年に出た満月の数⇒12個十五夜だから⇒15個と言われていますが各家庭や地域によって差があるようです。



またススキにも意味があり、ススキは月の神様の依り代とされていることと、形が稲穂に似ていて稲の収穫を感謝するという意味合いもあるそうですよ。



また、十五夜は別名「芋名月」とも呼ばれ、里芋などの芋類をお供えすることもあるそうです。


スポンサードリンク


2015年は十五夜の後にスーパームーン!


medium_7147257697-580x399

もうひとつの月に関するイベントとしてよく耳にするのが、「スーパームーン」です。



これは月が最も地球に近づき、通常の満月よりも大きく見えることで、2011年3月のNASAによる観測で近点の満月は、遠点のものよりも最大14%大きく、30%明るかったそうです。



2015年のスーパームーンは十五夜の翌日の9月28日(月)となっています!



今年は2日連続で月を楽しめますね!


満月の願い事は?


古くから信仰の対象とされていた月は不思議な力が宿るといわれています。



現にスーパームーンが見られる頃に大きな災害などが起こるともいわれており、美しい月が見られる喜びとともに恐れている人たちもいます。



ただでさえ、満月の日には不思議な力を使っておまじないをする習慣がありますからスーパームーンであればより大きな力で願い事も叶いそうですね!



詳しいおまじないの仕方は以前のブルームーンの記事に書かれていますので良かったら試してみてくださいね!



【関連記事】⇒7月31日はブルームーン!満月のおまじないとボイドタイムについて



中秋の名月とスーパームーン!月の2大イベントが連続して楽しめるのは非常に珍しいことです!



今週末は家族や大切な人と、もちろん一人でも秋の夜空を見上げてみてくださいね!!


スポンサードリンク