image

空気がおいしい季節になりました。
胸一杯に空気を吸い込むと、金木犀の甘く柔らかな香りに
思わず笑顔になってしまう季節です。
この季節、お菓子屋さんの店先は、まるで金木犀の花が咲いたように
オレンジ色に染まります。

お菓子屋さんがオレンジ色?

そうです。お菓子屋さんの店先がオレンジ色に染まる季節。
ハロウィンがやってきました。


スポンサードリンク



日本のハロウィンって、いつから?


子どもの頃(記憶がかなり薄くなっていそうな昔です)の思い出を辿ってみると、
ハロウィンの思い出って全くと言って良いほど思い出せません。



カタカナのイベントで思い出せるものと言えば、
クリスマスとバレンタインデーくらいでしょうか。



1990年代にディズニーランドのイベントをきっかけに
ハロウィンのイベントが増えたとか、
2000年代からはお菓子メーカーが参入して、
ハロウィンが盛り上がったとか…



元々は秋の収穫をお祝いし、悪霊達を追い出す宗教的な意味合いの行事だったようです。
アメリカでは、子ども達が魔女やお化けに仮装して家々を訪ね
「トリック・オア・トリート(いたずらか、お菓子か)」と言って
お菓子を貰って回るという風習がありますが、
日本では仮装を楽しむ秋の一大イベントです。


東京、東京近郊のハロウィンイベント


◆東京ディズニーランド

image


ハロウィンイベントの老舗、東京ディズニーランドでは
ディズニーキャラクターに仮装して入場することが出来ます。



普段、東京ディズニーランドでは仮装はNGなのですが
ハロウィン期間の決められた日だけは、仮装がOKになります。



仮装OKのこの機会に、ディズニーキャラクターになりきって
夢の国を満喫してはいかがでしょう。


◆川崎ハロウィン
image


東京ディズニーランドと並んで日本のハロウィンの先駆けとなった川崎ハロウィン。



1990年代にスタートした日本最大級のハロウィンイベントと言われています。
川崎駅スタート、川崎駅ゴールのパレードや、
小学生未満の子どもと親子で参加できるキッズパレードに、仮装コンテスト!



コンテストに参加するには参加料1000円がが必要ですが観覧は無料です。
仮装コンテストの賞品はかなりの豪華賞品のようで
仮装コンテスト参加者は気合いの入り方が違います。
(2015年のパレードは10月25日に終了していますが、31日までイベントは行われています)

スポンサードリンク


のんびりモードで楽しむためには?


ハロウィンは楽しみたいけど、ガッツリ仮装をしたり
パレードで練り歩くのには抵抗が・・・
と言う方にはゆったりとハロウィンを楽しめるイベントもありまよ!


◆ハロウィーン広場 in 表参道ヒルズ

ハロウィーン広場 in 表参道ヒルズでは、シルバニアファミリーのステージショーや、
カボチャのお化けを作ったり、風船で魔法の杖を作る工作教室、
パンプキンマフィンの販売などがあります。
工作教室には定員がありますが、無料というのが嬉しいポイントです。

◆東京タワー大展望台1階 特設コーナー
image

他にも、のんびりモードで楽しめそうなのが東京タワー大展望台1階、特設コーナーです。
廃墟をイメージしたセットをバックに、記念撮影が出来ます。
カボチャやガイコツの被り物や剣などの小道具も無料で貸し出してくれます。
大人サイズも子どもサイズも準備されていまので、親子で記念写真なんてのもいいですね。

◆レゴランド・ディスカバリー・センター東京
image

子どもの頃、レゴブロックで遊んだことがある方も多いのではないでしょうか。
懐かしいレゴブロックの世界、レゴランド・ディスカバリー・センター東京では
約1万ピースのレゴブロックで作られたお化けカボチャや魔女に会うことが出来ます。
ブロックでお化けを作るレゴ教室も毎日開催されています。

小学生以下のお子さま対象で、ハロウィンの仮装で入場すると
入場料が400円もお安くなる割引つきです。
ハロウィン風の帽子やカチューシャでもOKなので是非、仮装にチャレンジしたいですね。



秋は空気も食べ物も美味しい行楽の季節です。
ご家族でハロウィンイベントに参加してみてはいかがでしょうか。


スポンサードリンク