a7b68e99-l

JR SKISKI 2015〜2016の広告のイメージキャラクターが発表されました!



JR SKISKI(JRスキースキー)ってご存じですか?



JR東日本が展開しているスキー旅行のキャンペーンです。



1991年にスタートして、今年で25年目。



途中CM放映などのキャンペーンが行われなかった年が何年かありましたが



2012年にファションモデルの本田翼さんをイメージキャラクターに久々のCM放映が復活しました。



2012年のCM放映復活以降、青春や恋愛をテーマにしたCMが製作され、毎年誰がイメージキャラクターを務めるのか、話題になっています。



今年も話題のポスターが出来上がりましたよ!


スポンサードリンク



歴代のCMソングと出演者一覧!


まずは歴代のCMソングと出演者を見てみましょう!

【1991〜1992年】
歌手名:ZOO
CMソング:Choo Choo TRAIN
出演者:ZOO

【1992〜1993年】
歌手名:ZOO
CMソング:YA-YA-YA
出演者:ZOO

【1993〜1994年】
歌手名:ZOO
CMソング:Ding Dong Express
出演者:ZOO

【1994〜1995年】
歌手名:ZOO
CMソング:Angelic Dream
出演者:ZOO

【1995〜1996年】
歌手名:globe
CMソング:DEPARTURES
出演者:江角マキコ・竹野内豊

【1996〜1997年】
歌手名:globe
CMソング:Can’t Stop Fallin’ in Love
出演者:青山恭子・田辺誠一

【1997〜1998年】
歌手名:浜田雅功
CMソング:春はまだか
出演者:浜田雅功

【1998〜1999年】
歌手名:GLAY
CMソング:Winter,again
出演者:吉川ひなの

【2006〜2007年】
歌手名:木村カエラ
CMソング:Snowdome
出演者:木村カエラ

【2012〜2013年】
歌手名:GReeeeN
CMソング:雪の音
キャッチコピー:青春は、純白だ。
出演者:本田翼・窪田正孝

d58feb

【2013〜2014年】
歌手名:SEKAI NO OWAEI
CMソング:スノーマジックファンタジー
キャッチコピー:ぜんぶ雪のせいだ。
出演者:川口春奈・柳俊太郎

imgres

【2014〜2015年】
歌手名:back number
CMソング:ヒロイン
キャッチコピー:答えは雪に聞け。
出演者:広瀬すず・村上虹郎・宇治清高

images


スポンサードリンク


2015年のイメージキャラクターは狼!?



こうしてみると、CM放映復活後は「青春」が似合いそうな若い女優さんやモデルさんが起用されていることがわかりますね。



ちなみにお相手役の俳優さんも今活躍しているイケメン俳優ばかり!



「今年のイメージキャラクターは誰だろう」とドキドキ・ワクワク心待ちにしていた方も多いのではないでしょうか?



ところが今年、JRの駅に貼り出されたのは、2匹の狼が写るポスター。


a7b68e99-l



キャッチコピーは「そこに雪はあるか。」



「狼なの?」



「美女じゃないの?」




ちょっと待って下さい。



実は数年前にもこれに似たような事があったんです。



過去にはピエロも!?


sub_image25358


【2012〜2013年】のシーズン、貼り出されたポスターにはピエロのアップ。



驚いた方もきっと多かったはず。



ところがこれにはビックリな結末がありまして、後日発表されたポスターには川口春奈さん(構図はピエロと同じ)。


E6_B0_Debut


最初のポスターに写ったピエロは、その年のCMソングを歌っていた「SEKAI NO OWAEI」のメンバー、DJ LOVWさんだったんです!



「今年のポスターに写った狼は、もしかしてMAN WITH A MISSION(マンウィズアミッション)?」



「CMソングを歌うのは、マンウィズなのでは?」




そう思った方、正解です!



今シーズンのCMソングは「Memories」アーティストは狼バンド「MAN WITH A MISSION」です!



2匹の狼は、山本舞香さんと平祐奈さんに変身しました。



20151126-00000001-withnews-000-10-view



【2012〜2013年】のシーズンの事を思うと、狼のマスクの下に誰か隠れているような気がしていたのですが、やっぱりという感じでしょうか(笑)



CMも公開され、山本さん、平さんのダブルヒロインがとても可愛いです。


今年も安定の美女CMだったJRSKISKI



このCMでゲレンデに行きたくなってしまった人も多いのではないでしょうか。


スポンサードリンク