DSC_0400
DSC_0400

今年の冬は暖冬と言われていましたが、この1週間ほどは思い切り冬らしい寒さが続いています。



西日本では大寒波の襲来で、雪が降ることがない沖縄にも雪が降る等の影響が出ました。



暖かい冬は暖房費が節約できて有り難いですがやっぱり冬は寒くないと、冬らしくなくて、ちょっと淋しいですね。



そしてと言えば、



と言えば、さっぽろ雪まつり



雪で作られたダイナミックな雪像を、楽しみにしている方もいらっしゃることと思います。



そこで今回は、2016年のさっぽろ雪まつりのご紹介です。


スポンサードリンク



さっぽろ雪まつりの今昔



・1950年 雪捨て場だった大通り7丁目に、札幌市内の中・高校生が雪像を作ったのが始まりと言われています。
     最初に作られたのは、6体の雪像でした。
・1955年 陸上自衛隊が参加。高さ11メートルもある巨大なマリア像を制作。それ以降、大雪像の制作は自衛隊が担うことに。
・1959年 【さっぽろ雪まつり】実行委員会を設立
・1965年 真駒内会場が第2会場として誕生
・1974年 この年より【国際雪像コンクール】を開始
・1981年 この年より【すすきの氷の祭典】を開始
・1990年 中島公園会場を設置
・1992年 中島公園会場終了
・1996年 公式サイト開設
・2005年 真駒内会場終了
・2006年 真駒内会場からさとらんど会場へ移転
・2008年 さとらんど会場終了
・2009年 さとらんど会場からつどーむ会場へ移転



現在さっぽろ雪まつりは、大通会場を中心に、テーマの異なる3つの会場で開催されています。



さっぽろ雪まつりの会場と開催内容


大通会場

f8e57ba1
会場:大通公園 西1丁目〜西12丁目
開催日程:2016/02/05〜2016/02/11
開催時間:いつでも観覧できます(ライトアップは、22:00まで)
催し物:雪と氷で作られた大雪像


つどーむ会場

tudomu
会場:札幌市スポーツ交流施設 コミュニティードーム(愛称:つどーむ)
開催日程:2016/12/05〜2016/02/18
開催時間:9:00〜17:00
催し物:すべり台・スノーラフト・ファミリー広場
※一般車両でのご来場は出来ません。
 公共交通機関やシャトルバスをご利用下さい。


すすきの会場

img_15
会場:南4条通から南7条通までの西4丁目線(駅前通)市道
開催日程:2016/02/05~2016/02/11
開催時間:いつでも観覧できます(ライトアップは23:00(予定)まで。※最終日は22:00まで)
催し物:氷彫刻コンクール・アイスバー

スポンサードリンク



雪まつりへ出掛けるときの服装は?

abchawkins-x-tvcm
今年の冬は暖冬と言われながらも、やはり2月は1年で1番寒い時期です。



さっぽろ雪まつりへお出かけの際は、温かい服装で出掛けるようにしましょう。



防寒用の下着は、必須アイテムです。



防寒用の下着に、セーターや厚手のコートなどでしっかり防寒しましょう。



手袋、マフラー、イヤーマフなども利用すると良いですね。



その他、気を付けたいのは靴です。



雪の中を歩くので、レインブーツなど足が濡れない靴を選びましょう。



また、靴にはスベリ止めを着けた方が安全です



スベリ止めは駅の売店などで購入することが出来るのも、雪の多い北海道ならではです。


混雑状況は?

img_0
大通会場・すすきの会場は札幌の中心部なので、道路の混雑が予想されます。



自家用車での来場は避け、公共交通機関のご利用をお勧めします。



つどーむ会場については、一般車両の乗り入れを禁止しています。



大通会場、地下鉄東豊線「栄町駅」、地下鉄東豊線「栄町駅」からシャトルバスがありますので、
バスまたはタクシーをご利用下さい。


見上げるような雪像はさっぽろ雪まつりの最大の楽しみですが、



その他にも、ラーメンフェスティバルグルメまつりなど、



色々な楽しみ方のあるさっぽろ雪まつり



寒さの中で食べる熱々のラーメンは、きっと絶品ですよ!



きっちり防寒対策をして冬の札幌をお楽しみください!!


スポンサードリンク