卒業式

朝夕の寒さも緩み、日中の日差しはずいぶんと暖かくなってきました。

いよいよ春本番ですが
春といえば、出会いと別れの季節です。

この春、お子さんが卒業や入学をお迎えになるご家庭も多いのではないでしょうか。


私がまだ幼かった頃(もうウン十年も前のことですが)、卒業式に出席するお母さんの服装は、圧倒的に和服が多かったように思います。

しかし、現在では洋服が多数派で、和服は極少数派です。

この春、お子さんが卒業を迎えるお母さんは、30代・40代が中心でしょうか。

現代の30代・40代の女性にとって、和服はあまり身近な存在ではありませんよね。


和服を着るには、ちょっと覚悟が必要になりますね。

洋服の方が慣れているし、動きやすいので、洋服を選ぶ方が多いのでしょう。

でも洋服の場合、卒業式にはどんな服を着ていけばよいのでしょうか。

これって、なかなか難しい問題です。

そこで、今回はお子さんの卒業式に出席する母親の服装について、書いてみたいと思います。



卒業式とは、教育課程を修了したことを認定し、お祝いする式典です。

式典に出席する服装は、セミ フォーマル(準礼装)が原則です。

では、女性のセミフォーマルとは、具体的にどのような服装をすれば
良いのでしょうか。



スポンサードリンク


女性のセミフォーマルって、どんな服装?


女性の場合、服装は、スーツまたはワンピースになります。

パンツスーツでも問題はありませんが、スカートの方が好まれるようです。

色はダークなモノトーンが良いでしょう。

入学式では、明るいパステル調のスーツでもOKですが、厳かな雰囲気の卒業式には、ダークなモノトーンが適当です。

しかし、モノトーンであっても、ラメがキラキラ光るような素材は好ましくありません。

落ち着いた風合いの生地を選びましょう。

スカート丈は、膝丈程度。

くるぶしまであるよ うなロング丈はNG、もちろんミニ丈もNGです。

ワンピースを着用する場合、肩など肌が露出するようであれば、ボレロやジャケットを合わせるようにしましょう。



足元の装い、靴とストッキングは?


ストッキングは、肌色に近いヌードベージュを着用します。

寒いからといって、厚手のタイツを履いてはいけません。

また黒いストッキングもNGです。

柄付きストッキング・網タイツ・生足も当然ですが、NGです。

靴はヒールのあるパンプスが基本です。

つま先と踵が覆われているタイプを選びましょう。

布製・革製、どちらでも構いませんが、あまりテカテカと光る素材は避けた方が良いですね。

ヒールの高さは、5~6センチくらいが適当です。

どんなにお気に入りのデザインでも、ペタンコ靴や、10センチのピンヒールはいけません。



卒業式に最適なバッグは?


バッグは、カブセのある小型のハンドバッグを使用します。

どんなに高価なブランドでも、大きなロゴ付きの物やショルダーバッグはNGです。

また、アニマル柄やヘビなどの爬虫類皮革も避けた方が良いでしょう。

荷物が入り切らないときは、大きなバッグを使うのではなく、
小さなバッグとサブバッグを使う方がスマートです。


スポンサードリンク


セミフォーマルのアクセサリーは?


ダークなモノトーンのスーツに、黒いバッグに黒のパンプス、ストッキング以外ほぼ黒か、それに近いグレーのような出で立ちでは、重くなってしまいそうで す。

そこで、コサージュやアクセサリーを上手に使い、明るく華やかな、
それでいて清楚な雰囲気を演出しましょう。

フォーマル・セミフォーマルのアクセサリーは、パールが原則です。

ネックレスは一連でも二連でもOKですが、あまり大粒タイプのネックレスは
お勧めしません。

コサージュは、白や淡い色合いの物がお勧めです。

スーツにコサージュをつける場合、ブラウスの色と揃えると、上品な雰囲気に仕上がりますよ。

オーガンジーやシルク素材のコサージュを使用しましょう。

麻や綿、ニットやフェルトのコサージュは、カジュアル向きなのでセミフォーマルには不向きです。



指先のオシャレ、ネイルは?


キレイに手入れされた指先 は、とても好感が持てるものですが、派手な色のマニキュアやネイルアートは、考え物です。

優しい色合いの、ピンクやベージュなどのマニキュアがお勧めです。


ダークでモノトーンのワンピースかスーツに、ヌードベージュのストッキング、バッグも靴も光沢の少ない黒で、パールのネックレスにシルクのコサージュ。

こんな感じが、卒業式に最適なセミフォーマルの出で立ちなのですが、これはあくまで原則です。

卒業式の服装に関する考え方は、地域や学校により差があるようです。

(たとえば、パンツスーツはNGなど)

もし不安に感じるような事があれば、卒業式を経験した先輩ママに聞いてみることをお勧めします。


卒業式の主役はお子さん です。

母親のオシャレを競う場ではありません。

それを踏まえ、母親らしい控えめで清楚な装いを意識したいですね。


また、30代・40代は微妙なお年頃です。

無理に若作りして悪目立ちをしたり、控えめを意識しすぎて老け込んだりしないように、注意しましょう。

控えめでも上品で美しい、素敵な「奥様」を目指して下さい。


スポンサードリンク