画像名
日中の日差しも柔らかくなり、早いところでは桜の花が咲いたと春らしい話題も聞こえるようになりました。

桜の花の季節と言えば、入学式の季節ですね。

ついこの間まで、よちよち歩きだった小さな我が子が、もう小学生。

新品ピカピカの制服に身を包み、誇らしげに胸を張っている姿を見ると感慨もひとしおです。

ちょっと大きめな制服もご愛敬ですね。


でも、ちょっと待って下さい。

小学校って、制服がありましたか?

国立や私立の学校は、ほとんどの学校に制服があるようです。

でも公立の場合、地域によって差があり、東日本では私服着用の学校が多く、関西地域は制服着用の学校が多いようです。

平均してみると、私服が約8割、制服着用が約2割。

学校指定の制服があれば、当然制服で良いのですが、制服がない学校ならば、式に相応しい服を準備しなければなりません。

これは大変、一大事!

女の子経験者のお母さんにとって、男の子の服選びはなかなか難しいもの。

そこで、今回は小学校の入学式に相応し服装(男の子編)をご紹介したいと思います。


スポンサードリンク


相応しい服装は?


スーツや、ズボンとジャケットという服装が一般的です。

スーツの色は、黒やグレー、濃紺など、落ち着いた色が好まれるようです。

シャツは、白いシャツがポピュラーですが、ストライプや淡いカラーでもOK!

ズボンは、半ズボンと長ズボンがありますが、現在は七分丈のハーフパンツタイプの半ズボンが人気です。

個人的には、昔ながらの半ズボン(ショート丈)が、子どもらしくて可愛らしいと思うのですが。。。

お兄ちゃんや、頂き物のお下がりを利用しようとお考えの方、ズボンの丈を事前にチェックしておきましょう。

ジャケットは窮屈で動きづらいので、ニットのベストやセーターでも良いかもしれません。

でもこの時期はまだ肌寒いこともありますので、そこはお天気と相談してくださいね。


靴やソックスは?


フォーマルという点から考えると、黒のローファーがお勧めです。

ただし男の子の場合、「履いたのは式の当日だけで、後は押し入れ行き」と言う事も充分考えられますので、ちょっと勿体ない気がしますね。

その場合、落ち着いた色のスニーカーで代用も可能です。

(派手な色合いや、光る素材の物は避けましょう。)


スニーカーを利用する場合、履き古した靴はNGです。

キレイなスニーカーを準備して下さい。

スニーカーの色はスーツに合わせて、ダークな色合いなら黒、明るい色なら白を準備します。

ソックスは、靴に合わせた色を選ぶと、足元がスッキリ見えますよ。


ネクタイやベルトなどの小物について


赤や青一色のネクタイは、無難で良いと思います。

でもちょっぴりオシャレ して、チェックや水玉模様のネクタイもオシャレですよ。

ポケットチーフとお揃いにすると、オシャレ度もアップします。

ズボンのウエストがちょっと大きめの場合、ベルトやサスペンダーを利用します。

普段着の時、ベルトやサスペンダーを利用する機会はあまりありません。

式の当日、トイレで慌てることがないように、ベルトやサスペンダーは、前もって練習をしておくと良いですね。



スポンサードリンク


持って行く鞄は?


入学式当日、娘は空っぽのランドセルを背負って行きました。

式の終了後、一年生で使用する教科書を入れて帰るため、空のランドセルを背負ってくるようにと、学校から指示がありました。

私自身の時は、上靴入れひとつを片手にぶら下げて、登校しました。

このあたりは、学校毎に違うと思いますので、前もって確認しておきましょう。


スーツから靴まで揃えた場合の予算は?


これは、親御さんの考え方で随分と差が出てきます。

高級ブランド品で揃えようと思えば、子供服かと疑いたくなるようなお値段になります。

衣料を扱う大型スーパーなどで揃えれば、1万円前後で一揃い揃います。

ネット通販も、レンタルも同じような価格で一揃い揃います。

レンタルの良いところは、クリーニングや保管の手間が不要なことです。

また、買うのを躊躇ってしまうようなブランド品を、手軽にレンタル出来るところも魅力ですね。

女の子の場合、1年生の秋には七五三のお祝いがあるので、入学式に着た服が再び活 躍しそうですが、男の子の場合、七五三のお祝いもありません。

(男の子のお祝いは五歳なので)

「1度しか着ないのだから」と考えるか、「一生に1度の事だから」と考えるか、これはもう親御さん次第です。



この時期になると、子供服売り場には、入学式用にコーディネートされた子供服が並んでいますし、通販でも、特設コーナーが設置されていますので、参考になりそうな情報は沢山あります。

しかし、ルールとは言わないまでも、それぞれの地域・学校によっては慣習がある場合もあるので、不安に思うときには、先輩ママに相談しましょう。



入学式は、その学校に入学することを認め、お祝いする大切な式典です。

お子さんの小学校生活第一歩が、素敵な思い 出になりますよう、お祈りしています。



スポンサードリンク