画像名

2016年4月14日木曜日。

もうすぐ9時半になるというとき、テレビからピーピピピというデジタル音と画面上部に地震速報。

最大震度7を記録した熊本地震。

阪神淡路大震災で起きた街を焼き尽くしてしまいそうな火災。

家や車、そして逃げ惑う人々の悲鳴まで全てを飲み込みさらっていった東日本大震災の津波。

その揺れの大きさに、阪神淡路や東日本で起きた凄惨な場面を思い出した方も多いのではないでしょうか。

半月以上過ぎた現在も九州熊本地方では余震が続いていますが、どうやら地震速報が出なくなっているようです。

いったいなぜ地震速報がでないのか?その理由や熊本地震の余震は今後いつまで続くのかについてまとめてみました。


スポンサードリンク


熊本地震の前震と本震

画像名
【前震】

発生時刻:2016年4月14日21時26分

震源:熊本県熊本地方

震源の深さ:約11km

地震の規模:マグニチュード6.5

最大震度:7

【本震】

発生時刻:2016年4月16日1時25分

震源:熊本県熊本地方

震源の深さ:約12km

地震の規模:マグニチュード7.3

最大震度:7

大きな地震が起きたとき、その後に「余震」が起きることは知っていましたが、大きな地震が起きる前に「前震」というものがあるのを今回の地震で初めて知りました。

最初に震度7もの揺れがあったのだから、もうそれ以上の揺れはないだろうと思っていましたが、自然の力は計り知れないものですね。


熊本地震の速報は何故出ないのか、速報が出ない理由は?


熊本地震の発生後、テレビを観ていてなんとなく感じる違和感ありませんか?

報道番組では毎日の様に被災地の映像が流れ被災状況が伝えられています。

その際、体に感じる揺れが何回あったとか、これまで被害の大きかった地震と比べても余震が多いとか話題になっていましたが、余震が多いと言われている割に地震速報が出ないように感じませんか?

熊本地震の余震の速報は何故出ないのでしょうか?

実は熊本地震以降、同一地域付近で地震が多発したため「地震情報を発表するのは震度3以上の場合のみ」という対応がとられていたからです。

多発する余震を小さな揺れの地震まで全て発表していたのでは緊急作業や防災機関での対応などに影響が出てしまうという理由から、震度2以下の余震に関しては回数がまとめて発表されていました。

そのため余震に関しての速報が出ないよう感じられたのでしょう。

先日放送されたワイドショーでは「マスコミが報道を自粛しているので情報が出ないのではないか」という意見がありました。

大きな災害が起きたとき、災害の状況や被害の状況を正しく伝えることは報道の責務ですが、その凄惨な場面を何度も何度も繰り返し放送することで、その映像を見た子ども達が心を傷めて(病んで)しまうということも発生しています。

そういった事実を踏まえて、今までのように地震速報が出ないのではないかと、話していました。

また一説には、原子力発電所の存在が速報の出ない理由なのではないかと言うものもあります。

九州地方には現在運転停止の発電所を含め、原子力発電所が2カ所あります。

現在まで「津波の心配はない」と発表されていますが、不安は拭いきれません。

人々の不安を煽らないため(?)に、余震の速報が出ないのではないかという意見も聞かれました。

余震が多発している割に地震速報が出ない事で色々な憶測があったようですが、震度2以下の地震に関しては気象庁が地震情報を発表しないからというのが、余震の速報が出ない本当の理由だそうです。

4月26日18時以降は、従来と同様に震度1以上の地震について情報が発表されるようになりました。


熊本地震について海外の反応は?


4月14日に発生した地震の後、海外のメディアでも熊本地震に関する速報が流れたのですが、海外のメディアは地震による津波が発生しなかったことや、鹿児島県の原子力発電所に異常がなかったことなどを報じました。

原子力発電所の状態が速報に出るというのは、やはり海外メディアにとっても東日本大震災で起きた原子力発電所の事故は印象深いものだったのでしょう。

具体的な海外の反応

■ すぐに被災地に日常が戻るといいけど……。
  ……九州のために祈っています。

■ 以前に日本人たちと一緒に仕事をしていたけど、
  今まで出会った人たちの中で、一番素敵な国民だ。
  僕の心は被災地の皆さんと共にある。

■ 日本は資源はまったくない国だってのに、
  地震だけはやたら多いんだよなぁ。 

■ 興味深いね。他の国でも災害は起きてるのに、
  日本だけいつも大きく取り上げられる理由はなんだろう。 

■ どうしていつも被害に遭うのは日本なんだ……。

■ 可哀想な日本。日本人が地震のない国で暮らせるように、
  私たちの政府はどうにかしてあげればいいのに。 

   ■ 日本人はどこかの人たちとは違って、
     誇り高い人たちだから呼んでも来ないよ……。 

   ■ 日本は自力で立ち直れる安定した先進国だもん。 


その他、倒壊した家屋や崖崩れ、地割れにより寸断された道路など、地震による被害の様子は海外にも伝えられ、お見舞いや支援の申し出が数多く寄せられているようです。



スポンサードリンク


今後余震はいつまで続くの?


これまでの大きな震災と比べて速報が少ないように感じる熊本地震ですが、それでも毎日のようにテレビ画面の上に地震速報が出ない日はありません。

被災生活で不安になる要因は「いつまで避難生活を続ける事になるのか・・・」「余震は今後いつまで続くのか・・・」ということでしょう。


答えの出ない「いつまで?」はとても苦痛を感じるでしょう。

ところで皆さんは「余震発生確率」という言葉をご存じですか?

余震による被害拡大が懸念される場合に発表されるもので、気象庁が1998年度から公表しています。

大きな地震が起こった際、防災情報のひとつとして発表されてきたものです。

過去の地震を振り返ってみると、余震は時間が経つにつれ揺れも回数も少なくなる傾向があります。

今回の熊本地震についても、余震の回数は日を追う毎に減少の傾向にはあるようですが、震源域が拡大するなど過去の事例に当てはまらないことが多く、余震発生確率の発表を中止しました。

このことからも分かるように、今回の熊本地震は前例のない事象が発生しているため、今後については専門家でも意見が異なるようです。

最初の地震が発生してから既に半月の時間が経過し、その間「余震が来る」と言われ続けるのは常に脅され続けているようで心が安まらないでしょうが、いつまで続くのか、どのくらい揺れるのか、今後の予測が全く出ないというのも不安が膨らむのではないでしょうか。


ちなみに余談ですが、ネット上では2062年からきた未来人の予言(2chの書き込み)が話題になっているようで、東日本大震災などを予言していたようで、今回の熊本地震も予言が的中していたと話題になっているようです。そんな話を聞くとちょっと怖いですね・・・


2062未来人の地震予言まとめ!最新情報や正体についても


被災地から離れている私たちに出来ること

画像名 熊本地震の速報が流れ、被害の様子が映像で流れてきたとき、その被害の大きさに心を傷めた人は沢山いたことと思います。

それと同時に「自分にも何か出来ることはないか」と感じた方も沢山いらっしゃるでしょう。

今、そして今後、被災地から離れている私たちに出来ることは何でしょうか?

重要なのは「手助けしたい」という感情のままに動いてはいけないと言う事です。

避難所毎に必要とされる物、必要とされる数はそれぞれ異なります。

必要な物を必要な数だけ必要としている場所に届けなければ、無駄になってしまいます。

品物を送る、お金を送る、労働力を提供する。

いづれの支援についても、各市町村のボランティアセンターもしくはホームページで確認してください。

最後になりましたが、被災した方々が1日でも早く日常を取り戻されますよう、心よりお祈り申し上げます。



スポンサードリンク