tategata

生活する上で、避けることのできない家事の一つ、お洗濯

日々続く、汚れ物との戦いは熾烈だけど、家族には綺麗な衣類で気持よく過ごして貰いたいし、何より、お洗濯したばかりの衣類は、いい匂いがして清々しい!!

・・・と思っている皆さん、ちょっと待ってください!!

毎日お洗濯をしているその洗濯機、本当に大丈夫ですか?

もし、数ヶ月も洗濯槽のお掃除をしていなかったら、見た目に綺麗だと思っていても、見えないところはカビや雑菌が発生しているかも・・・・

洗濯槽のカビ取りに、絶大な効果!

重曹クエン酸のナチュラルクリーニング、酸素系漂白剤でロハスな洗濯槽の掃除方法を、ぜひ覚えて試してみましょう!!


スポンサードリンク



見えないから怖い洗濯槽のカビ


洗濯槽は構造上、カビが生えやすくなっています

洗濯機の洗濯槽は2重構造です。

内側の槽と外側の槽の間はあまり風も通らず、当然のことですが湿気も多いですよね。

とは言っても、洗濯物をきれいにするのですから、そのお洗濯時には、洗濯槽も洗剤の入ったお水で勢いよく洗えているような気がします。

ところが、洗濯機は、外側の槽はほぼ動かず、内側の槽だけが勢いよく回転するため、内側槽の中の水流は渦を巻く様に強く流れますが、内側槽と外側槽の間はほとんど水流がありません

だから、そのままでは一度付いた汚れカビは綺麗に落ちることはなく、むしろ、お洗濯の度に、脱水時などの遠心力でますます外側槽の壁にぺったりとくっついてしまうことになります。

各家電メーカーの推奨する洗濯機のお掃除サイクルは1~2ヶ月毎。

でも、これをきちんと実行している人は少ないそうです。

カビが付いたままの洗濯槽では、せっかく綺麗に洗っても洗濯物に雑菌が付いてしまいますし、雑菌が付くと綺麗に洗っても何か変な臭いが・・・・ということに。

洗濯槽の汚れ取りカビ取り対策で、臭いの原因はできるだけ減らしましょう。


スポンサードリンク



地球にも家族にも優しい酸素系漂白剤で安心・安全に


洗濯槽のカビ取りをしよう!と思い立つと、今はわりとどこにでも洗濯槽クリーナーが売っているのでお掃除も簡単ですよね。

でも、市販の洗濯槽クリーナーを使う方法は、カビ取り効果に塩素系漂白剤を使用しているものが多く、使用の際には注意が必要で、洗い方次第で酸性のものと混ざると命に関わる有毒なガスを発生させます。

もちろん、皮膚や目に入ると危険だし、独特の臭いで気分が悪くなる場合もあり、身体の弱い方や小さなお子さんがいるお宅では、塩素系漂白剤を使う方法は、なるべく避けたいご家庭もあるのではないでしょうか。

そんなときに役立つのが、比較的に扱いやすく、危険も少ない酸素系の漂白剤を使う方法。

漂白剤の特徴のあのツンとした臭いもありませんし、使用後は炭酸ソーダ・酸素・水に分解され殺菌作用もなくなるので、塩素系漂白剤に比べ、環境にも影響が少なくてすみます。

ご家族やペットにもより安心なカビ取り剤として使えます。

さて、さっそく地球に優しいエコでロハスな酸素系漂白剤を使った方法で、洗濯槽のお掃除にチャレンジしてみましょう!!

51Iz9pYS61L


洗濯槽の基本の洗い方


用意するもの
酸素系漂白剤・・・(お湯10ℓに対して100g 使用する水に合わせて調整して下さい。)

お風呂の残り湯

ゴミ取りネット(100均にあるお風呂のゴミ取り用ネットがよいです)

手順

① 洗濯槽内部やフタなどのゴミを取り除きます。

② 糸くず用のフィルターを外します。

③ 洗濯機にお風呂の残り湯を満水位まで入れます。

(酸素系漂白剤はお湯を使うと効果が高く得られますので、できればお湯を用意して下さい。お水にポットややかんで沸かしたお湯を足す方法でも良いです。)

④ 酸素系漂白剤を入れます。

⑤ 洗濯機を『洗い』にセットしてスイッチを入れる。

  何度か繰り返し、洗濯槽内のお水をよく攪拌します。

⑥ そのまま一晩つけ置き。

⑦ 翌朝、洗濯機の蓋を開けると、何か浮いていませんか?

  そのゴミをゴミ取りネットですくって取ります。

⑧ 『洗い』を繰り返しながらゴミをきれいにすくい取ります。

⑨ ゴミが全部取れたら、すすぎと脱水をして終了です。


  外した糸くずフィルターも、忘れずお掃除して取り付けましょう。

酸素系漂白剤は、塩素系同様に殺菌・抗菌効果もありますので、汚れやカビ取りだけでなく、洗濯槽の雑菌も綺麗に処理されてスッキリまっさらになりますよ。


重曹やクエン酸を使ったナチュラル・クリーニングでカビ取り


最近のナチュラル嗜好は、お掃除の面にも反映されています。

家中の汚れを、口に入ってもより安全な重曹クエン酸、純石けんに‎セスキ炭酸ソーダなどを利用して落とすナチュラル・クリーニングは赤ちゃんやペットと暮らすお家でも、安心して実行できるお掃除方法です。

最近はこのナチュラル・クリーニングを日々のお掃除方法に取り入れているご家庭が多くなりました。

もし、お家に重曹やクエン酸を常備されているようでしたら、洗濯槽のカビ取りでも、この重曹とクエン酸を使ったナチュラル・クリーニングを活かしてみましょう。

tengaiten_image

用意するもの

・重曹・・・300g

・クエン酸・・・100g

・ゴミ取りネット

手順

洗い方は簡単。

手順は酸素系漂白剤を使用する方法と同じです。

ただ、重曹クエン酸は体内に入っても大丈夫な分、除菌効果は漂白剤程は高くはありませんので、できればお湯は残り湯ではなく、未使用の綺麗なものにした方が良いようです。

重曹クエン酸を入れると炭酸ガスが発生します。

この発砲作用も汚れを落とす力の一つです。

炭酸ガスは、塩素系漂白剤の出す有毒な塩素ガスとは違い、身体には無害です。

じゅわーっと入浴剤を入れたような感じになりますが、炭酸水がシュワーとなるのと同じなので、健康上の問題はなく安心です。


まとめ


重曹やクエン酸、酸素系漂白剤など、環境に影響の少ない方法でのお掃除は、お年寄りや小さなお子さん、ペットなどにも本当に安心ですよね。

身体に負担のない洗濯槽のカビ取りで、毎日の洗濯物にイヤな臭いや雑菌の発生の心配も無く、すっきりと清々しくお洗濯を楽しみましょう。


スポンサードリンク