画像名
6月も半分過ぎ、日本全国ほとんどの地域で梅雨に入りました。

梅雨の空にはどんよりとした雲、毎日続く雨、部屋の中には毎日干しっぱなしの洗濯物。

洗濯物が放つ湿気で部屋の中の空気は重く、湿気を多く含んだ空気の中では動作まで遅くなるようで、まるで自分がカタツムリかナメクジになったように感じるのは私だけでしょうか?

体が重く感じたり、カタツムリのように貝殻の中に引きこもりたくなったり、こんな風になんとなくすっきりしない梅雨時期に感じる不調を梅雨だると言うのですが、初めて耳にしたという方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は梅雨の時期に感じる梅雨だるについて、その症状や原因、解消法や予防対策をまとめてみました。



スポンサードリンク


梅雨だるの原因はナニ?


原因その1


画像名
梅雨だるの原因のひとつは低気圧です。

梅雨の時期、気圧は低くなる傾向にあります。

テレビの天気予報では天気図に「低」の字で表示されていますね。

低気圧になると上昇気流が起こり、上昇気流が起きると空気が薄くなります。

そして空気が薄くなったことによりちょっぴり酸欠状態になってしまうのです。

酸欠状態になると人間の体にはどのような変化が起きるのでしょう?

ちょっぴり酸欠状態になった体は副交感神経が優位になり、お休みモードに!

お休みモードの体に「頑張れ!」と発破を掛けたところで、「怠い」「やる気が出ない」となってしまう訳です。



原因その2


梅雨寒という言葉をご存じですか?

暦では既に夏に突入している6月の梅雨時期に訪れる季節外れの寒さを指す言葉です。

このように梅雨の時期はムシムシと暑かったり急に冷え込んだり、気温の差が激しい時期でもあります。

大きな気温差は体にとって大きなストレス!

梅雨だるの原因になるのです。


原因その3


毎日続く雨で家の中は湿気が一杯!

なかなか乾かない洗濯物のように、この時期は人間の体からも水分が上手に排出出来なくなってしまいます。

上手に排出出来ずに余分な水分が体内にたまってしまう水分バランスの乱れも、梅雨だるの原因のひとつです。


梅雨だるの具体的な症状は?


アナタが感じている体調不良ももしかすると梅雨だるかもしれません。

そこで原因別にみた梅雨だるの症状をまとめてみました。


低気圧が原因と考えられる症状


気圧が低下すると体内の血管が膨張し血圧が下がります。

血圧が下がると血液やリンパ液の循環が滞り、目眩や頭痛等の症状が起きます。

また腰痛や膝痛など関節痛や肩こりも気圧が下がったときに現れる症状です。


気温差が原因と考えられる症状


極端な気温差に体の温度調節が追いつかず自律神経のバランスが崩れ、冷え・肩こり・疲労感・食欲不振などの症状が現れます。


体内の余分な水分が原因と考えられる症状


湿気の多い梅雨の時期には、上手に汗をかくことが出来ません。

そのため余分な水分や老廃物が上手く排出出来ず体内にたまってしまいます。

余分な水分は体のむくみや関節の痛みなどの症状を起こします。

また胃や腸などの消化器にも症状は現れやすく、食欲不振・お腹の張り・口の中の不快感などの症状が出ることもあります。



スポンサードリンク


梅雨だるの解消法と予防対策


みなさんは、梅雨だるに陥らないための予防対策や、梅雨だるになってしまったときの解消法をご存じですか?

梅雨だるの原因が低気圧や湿気だとしたら、梅雨が終われば治るんじゃない?

そうお考えになる方もいらっしゃるでしょう。

確かに梅雨が終わり晴れて気圧も高くなれば低気圧が原因の梅雨だる症状も解消されるでしょうし、気温が高くなって汗をちゃんとかけるようになれば体内の水分バランスも整ってくるでしょう。

でも梅雨が明ければ夏は目の前です。

梅雨だるが解消され体調が整う前に夏バテに・・・なんてことになってしまうかもしれません。

そうならないための、梅雨だる解消法や予防対策をご紹介します。


梅雨だる解消法1


低気圧が原因でお休みモードのスイッチが入ってしまう自律神経。

起きている時にお休みモードのスイッチが入らないよう、メリハリのある規則正しい生活を心がけましょう。

・朝目覚めたら太陽の光を浴びて、体内時計をリセット!

・朝食をしっかり食べて!

・適度な運動で体を動かそう!

・夜はぬるめのお湯に浸かってリラックス!

・良質な睡眠を!



梅雨だる解消法2


大きな気温差も梅雨だるの原因に!

オフィスや電車の中は冷房も強く、思ったよりも体を冷やしてしまうものです。

体の冷えを予防するため、この時期は薄手のカーディガンなどを携帯しこまめに体温調節をしましょう。


梅雨だる解消法3


余分な水分を体内にため込まないようにしましょう。

・冷たい物のとりすぎに注意!

・炭酸入浴で、余分な水分や老廃物を上手に排出!



梅雨だるにならないための予防対策は?


梅雨だるの解消法は、予防対策としても有効です。

梅雨だるにならないよう、早め早めに予防対策をしましょう。

梅雨だるになってしまってから「梅雨だるを解消するために・・・」と解消法を始めるのは、既にお休みモードに突入してしまった体にはかなり辛いはず。

お休みモードに突入する前に、予防対策としてここに挙げた解消法を実践するのが、梅雨だるを回避する有効な予防対策だと思います。


まとめ


画像名
梅雨の時期、なんとなく元気が出ないなぁと思う事は今までもありましたが、その原因が低気圧など気象にあるのだと知り正直驚きました。

富士山やチョモランマの山頂にいるのなら、空気が薄いと実感もするでしょうし体調が優れなくても頷けますが、自分でも認識できないほどの少しの気圧の変化で、体はバランスを崩してしまうのです。

特に男性に比べて筋肉量の少ない女性はむくみやすく、半数以上の人が梅雨だるの症状を感じているという報告もあります。

梅雨だるからそのまま夏バテになってしまわないよう、早めの予防対策をして、梅雨を元気に乗り切りましょう。



スポンサードリンク