BiS____400x400

先日、復活再結成を発表したアイドルグループ『BiS』

プールイを除く新メンバー全員をオーディション選出する事でも話題沸騰中です。

その、BiS唯一のオリジナルメンバーかつリーダーのプールイの気になる情報、名前やその由来と本名、病気などの噂についても調査してみましたよー!!

スポンサードリンク



BiSプールイの名前の由来と本名


実は、アイドルグループBiSのリーダー、プールイの本名を知るのは、思ったより簡単です。

『プールイ 名前』と検索するだけで、すぐに本名が分かります。

どうやら本名を秘密にしているわけではないようですね。

pului1

プールイ=あらき るい

ただし、本名の漢字は公表されていないようです。

本名の名字の『あらき』さんといえば、『荒木』さんが一般的ですが、『るい』という名前は複数の漢字が思い浮かびますよね。

漢字一文字でも『るい』と読む漢字はいくつかあります。

累 涙 塁 類 ・・・・

同じ発音でも名前の由来はさまざまですし、これが例えば、『留衣』のような二文字の組み合わせだと、当然もっと多くありますから、本名、特に名前の漢字特定は難しいでしょう。

芸名である『プールイ』の名前の由来は、やっぱり、本名の『るい』からなのは間違いないでしょうね。

『プールイ』の『プー』の部分の名前の由来は、残念ながら全く分かりません。

ただ、フランス語で『Pour lui(プールイと発音)』「彼のために」という意味があり、プールイ自身が『プールイ』の表記をこの『Pour lui』とすることもあることから、フランス語「彼のために」を意識しているとは考えられますね。

うーん、そうなると、気になる「彼」とは、いったい誰のことでしょう?

『研究員』(ファン)の皆さん、一人ひとりに向けているのかな。

だとしたら、さすがのプールイ、まさにアイドルの鏡といえますよね!!

蛇足ですが、フランスでは『目』の事も『ルイ(L’oeil)』と発音するそう。

そんな名前の由来を意識してるかどうかは分かりませんが、日本では人名のルイに目に関連した『泪』や『涙』の字で当てることも多いようですよ。

でも、肝心のフランスでは、ルイは名前にすると男の子の名

最盛期のフランス王朝を築き太陽王と呼ばれたルイ14世が名前の由来なのでしょうか?

ドイツでは「名高き戦士」の意味もあるのだとか。

・・・名高き戦士・・・

柔らかな女の子らしい声でありながら力強い歌声、どんなに傷ついても這い上がってきて、アイドルとして名を上げるためには過酷な手段も迷わず突き進む。

そんなプールイには、ピッタリな名前の由来と言えるのかもしれませんね。

やっぱり、名前の由来が持つパワーって大きいんだなあー。

スポンサードリンク



プールイの病気の噂

旧BiSマネージャーが当時を語る


news_thumb_watanabejunnosuke_cover

2016年4月、BiSの仕掛人として知られる渡辺淳之介氏の自伝的な書籍『渡辺淳之介 アイドルをクリエイトする Book』が出版されました。

これを受けて今月、デイリーニュースオンラインでは渡辺氏に対するロングインタビュー企画を敢行しました。

そのインタビューの中で、渡辺氏は、旧BiS時代にメンバーを、肉体面でも精神面でも、極限まで追い詰めた経緯を何度か繰り返し話しています。

──BiSはトップクラスのアイドルのポテンシャルじゃないからこそ、渡辺さんはひたすらメンバーを追い込んで、感情を引き出すようなことをさせてきたと思うんですよ。

渡辺 そうですね。だから成功したんだと思うんです。何も知らない事務所から横浜アリーナまでなんとか行ったっていう、かなりのウルトラCを。

──ホント、アイドルの歴史に残るレベルのことをやってるんですよ。ただ、その過程で精神崩壊しちゃう人が何人か出るぐらいにメンバーを追い込んだから、素直に評価しにくいってだけで。

渡辺 精神崩壊しましたね、ホントに。プー・ルイも病気になっちゃったし。

──まあ、メンバーが病みまくるアイドル運営にはあこがれないですよね。

渡辺 あこがれない! 俺がわざわざ引っかき回して精神崩壊させてるところとか、誰も聞きたくないってのはたしかにあるな、みたいな。

──よくBiSはエモーショナルだって言われてたじゃないですか。それは強制的にエモーショナルな状態にしているからだとはずっと思ってて。

渡辺 ふつうの人間だったら……俺もふつうだと思いたいんですけど、ふつうの人間だったらそこの状況に追い込むこと自体にものすごいストレスを感じるんだと思うんですけど、僕はそこに生きてる実感があるんですよね。「うわ、かわいそう……」みたいな。

──自分でやっておいて(笑)。


渡辺淳之介、なんという男! ドSかッ!!

追い詰められたプールイの心の闇の噂


BiS003

確かにアイドル時代、ファンの間ではプールイを含むメンバー達のメンタル面での病気の噂などはあったようです。

特にプールイは自身のブログでも、噂どおり、体調不良、特に精神的疾患の症状の一つの『離人症』に近い症状などに言及しているんですよね。

おそらく、メンバー間のトラブルの噂が増えたり、メンバー自体が入れ替わったりしていた頃のように思います。

こういう経過を辿って数年間のアイドル生活を送ってきたせいなのか、プールイの現在の精神面は非常に強いと感じますね。

何があっても、「あの頃を乗り切った自分なら大丈夫」と思えるのかもしれません。

病気を乗り越えて手に入れたメジャーデビュー


旧BiS解散後、プールイは『LUI FRONTiC 松隈JAPAN』(後にオプティマス松隈が脱退し『LUI FRONTiC 赤羽JAPAN』と改名)でバンド活動をしていましたが、次活動の命運をかけた2015年1月のワンマンライブを前に、前年2014年10月に緊急入院

ポリープの手術を受け、声が出なくなるという苦難に見舞われました。

約1ヶ月に及ぶ療養中も、この不慮の病気によるトラブルに負けることなく、紙芝居ライブなどの活動、その傍らのライブチケットの手売りなど、力強く前進し、病気を克服しました。

1ヶ月後には新曲『瑠璃色の名前抱いて』をレコーディング、ライブ活動も再開

f53f43a4b9612d

この復帰ライブまでのドキュメンタリー映像を、新曲のPVにするなど、転んでもただでは起きないたくましさで、病気の危機も乗り越え、ついにメジャーデビューも果たしました。

こんな不屈のプールイ(と、こんなサイコパス的な渡辺氏)が率いる新BiSだからこそ、何があっても、さらに新たなアイドルの歴史を築いてくれるんじゃないかと、やっぱりファンは期待してしまうんでしょうね。

新たなメンバーを募集中の新BiS、今度は病気やメンタル面で追い詰められ、精神崩壊しちゃうのでなく、逆に渡辺氏をとことん追い詰め病気にしてやっちゃって、それぞれのメンバーがBiSと渡辺氏を踏み台にして輝ける未来に羽ばたくぐらいの勢いで活躍して欲しいですね。

本当に心からそう願います。

まとめ


BiSプールイの名前の由来、フランス名『Pour lui』、そのフランス名のルイ14世に負けない程、病気や噂も吹き飛ばして、名高き戦士として活躍して欲しいですね。

プールイ率いる新BiSに出会える日を、みんなで心待ちにしましょう。

スポンサードリンク