photonews-1600720-MU217-360x240

今月7月16日にTBSで放送された大型音楽番組『音楽の日』

この中で、瞬間最高視聴率を叩きだした瞬間は、いったい誰のどんなシーンだったかご存じですか?

17.8%を記録したこの瞬間、スクリーンに映し出されていたのは、実はまだメジャーデビューも果たしていない、一人の青年だったんです。

尾崎裕哉(おざきひろや)

この青年がどこの誰かは知らなくても、歌い出した瞬間、その声に衝撃を受けた視聴者も多かったはず。

彼の何が、多くの人の心を揺さぶったのでしょう。

26歳の青年、尾崎裕哉の母親とはいったい誰なのか?

現在の活動や出身大学についても、皆さんの知りたいこと、全部まるっとご紹介しましょう。

スポンサードリンク



尾崎裕哉の母親とは?そして父親は・・・


尾崎裕哉さんの歌声は、実はこの番組『音楽の日』で初めて披露されたものではありません。

今から6年前のANAアメリカンエキスプレスゴールドカードのCMで流れた「I Love You」

 見ていて下さい。お父さん

という台詞とともに、画面に現れた『歌:尾崎裕哉』の文字に、見ていた多くの人は、ボーカルが誰なのか、一瞬に悟ったに違いありません。

ana1

尾崎裕哉さんの母親の名は尾崎繁美さん。

誰あろう、1992年26歳で夭折した、天才ミュージシャン尾崎豊さんの奥様です。

そして、もちろん尾崎裕哉さんは、お二人の一粒種

繁美さんは、24年前2歳で父親を亡くした裕哉さんを、母親として女手一つで育て上げたんですね。

父、尾崎豊の伝説


eb5e0acb40878c2475bd71dd1af66dc9

尾崎豊さんは中学生の頃には既にフォークギターを携えて、ライブ活動を開始

16歳でCBSソニーのオーディションを突破し、18歳になってすぐにシングル『15の夜』・アルバム『十七歳の地図』でプロデビューを果たしました。

それからの快進撃的な活動は有名ですよね。

リアルタイムで『尾崎豊』を誰だか知らない世代も、彼の歌を知らない人はいないのでは無いでしょうか

ティーン時代には多くの人が通る道、大人の世界への反抗や拒絶。

『10代のカリスマ』と呼ばれるほど、尾崎豊さんの歌は、当時の若者たちの思いを代弁し、若さにつきまとう悩みやフラストレーションを昇華させるものでした。

しかし、人は成長し徐々に精神的にも大人側に近づいていく。

歌が書けず、その活動に支障をきたす日々に単身アメリカへ

翌年、帰国後初のライブツアーを体調不良で途中で中止。そして、覚せい剤取締法違反容疑で逮捕。

釈放後に、活動を再開し、裕哉さんの母親である繁美さんと結婚

復活のライブも成功し、その翌年に裕哉さんが誕生しました。

束の間の幸せも、女優の斉藤由貴さんとの不倫報道から、またしても波乱の人生を迎えます。

1992年、息子裕哉さんが2歳の時、4月25日の早朝、全身傷だらけ、目の上を腫らして全裸のまま、民家に倒れている尾崎豊さんが発見されたのです。

病院に運ばれ、診察を受けたのち、一度は自宅に帰った尾崎さんでしたが、容態が急に悪化し、日付が変わる頃についに帰らぬ人となりました。

突然訪れた、最悪の結末。

・・・とうとう尾崎は、本当に伝説なってしまった・・・。

このことが、失ってもなお、尾崎豊さんをさらにセンセーショナルな存在へとのし上げていきました。

後に司法解剖記録の漏洩、家族に当てられた遺書なども公開され、事故・自殺・他殺説が入り乱れましたが、直接の死因は肺水腫、その肺水腫を招いた原因は覚醒剤の過剰摂取によるものという見解が、現在は公のものとされています。

尾崎豊亡きあと、遺族間のいざこざ、週刊誌やテレビなどにのマスコミ取材合戦の激化、裕哉さんの母親である繁美さんに対するファンの不信感など、長期に渡り世間を騒がす事になりました。

そのことにも一因があるのか、母親の繁美さんは、幼い裕哉さんを連れて日本を離れアメリカに渡りました

かつて、父が深く思い悩んだ時代に過ごしたアメリカで、裕哉さんは育ったのです。

父親尾崎豊との共通点と相違点は


父、尾崎豊さんとの共通点はなんといっても、その声!!

一度歌声を耳にすると、おそらく誰もが遺伝子の恐ろしさを痛感するのではないでしょうか。

img_201603_01

逆に、外見は母親似なのか、一見、父に似た感じは見当たりません。

顔立ちはお父さんのようなキリッとしたシャープさは無く、目元が永山絢斗さん似の優しそうな爽やか好青年ですよね。

でも、ライブ映像などで、かがんだ拍子に髪が目を覆ったとき、口元に僅かに笑みが浮かんだときなど、そこに尾崎豊がいると錯覚する程、似ている瞬間があります。

index-thumb-200x147-353

本当に遺伝子とは、かくも恐るべし!!

2歳までの幼い我が子しか、見る事が叶わなかった尾崎豊さん。

その慈しみようは、ホームビデオに残されて、動画サイトなどでも垣間見る事もできます。

1afc32da90b0a72b56276d1e8d26af75

その尾崎豊さんが、自分の面影を映す現在の裕哉さんを見たらどう感じるでしょう。

きっと、天国で「音楽の日」のあの勇姿を、感無量に見入っていた事でしょうね。

さて、一方、越すことのできない今は亡き父親、物心つく頃には既にいなかった触れあうことのない父親に似ていると言われることは、現在の裕哉さんを形成するのにどのような影響を与えたのでしょう。

それは、部外者には想像するより他ありませんが。

不思議なのは、7月16日の『音楽の日』で歌われた現在の『I Love You』よりも、6年前のANAアメリカンエクスプレスカードのCMで流れた『I Love You』の方が、尾崎豊に似ていることです。

このことから察するに、おそらく、この6年の間に、ただ、父親の歌う『I Love You』をなぞるのではなく、尾崎裕哉の『I Love You』を作り上げていったのだろうと思います。

父、尾崎豊のカラーは、自分の内面と向き合い、その中に深く沈んで全てを絞り出すような表現者。
それが、周囲から作られたイメージなのだとしても、ついに生前の間、ご本人もそのイメージから離れる事はできなかったように思います。

息子、尾崎裕哉のカラーは、もっと外に向かい、グローバルな目線で、音楽を人と人、人と社会、人と世界を繋ぐツールとして最大限に使っていこうとする若者の静かな情熱を感じます。

尾崎豊はモノクロの世界に生きていたけど、尾崎裕哉の世界はとても豊かで暖かな色で満ちている。

尾崎裕哉さんは、父親を追い、その背を越えるのでは無く、父と同じでは無い、そして誰のものでもないミュージシャンとしての自分の道を、現在歩み始めたばかり。

もちろん、今後もしっかりと確立していくのではないかと感じますね。

スポンサードリンク



尾崎裕哉の経歴や出身大学


尾崎裕哉さんは2歳で父を失いました。

その後5歳の時に母親の繁美さんとアメリカへ。

アメリカ時代はボストンの全寮制の学校に通っていたそうです。

やはりお父さんの影響もあったのでしょうか、このころにはすでに楽曲を作ったり音楽活動にいそしんだりしていたようです。

その後、日本に帰り、尾崎豊さんのプロデューサーを務めていた須藤晃さんの息子さんTomi Yoさんと『Crouching Boys』というユニットを結成。

活動の一環として、尾崎豊さんのトリビュートアルバム『”BLUE” A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI』に参加しています。

2008年にアメリカンスクールを卒業後は、慶應義塾大学 環境情報学部へと進学しました。

ちなみに、お父さんの尾崎豊さんは、高校受験で同大学系列の高校を第一志望にしていましたが、残念ながら不合格で、青山学院高等部に進学した経緯があります。

豊さんも第一志望が慶應義塾ということは、何かしら目指す方向に共通点があったのかもしれませんね。

お父さんはプロデビュー後、高校を卒業間近に自主退学していますが、裕哉さんは大学院まで進学、卒業を果たしています。

慶応義塾大学 環境情報学部は大学としてのレベルも高く、帰国子女も多いグローバルな大学だそうです。

海外で育った裕哉さんも、学外活動にも積極的で、国際学生交流団体の「日米学生会議」に参加した実績もあります。

また、在学中にInterFMでラジオ番組『CONCERNED GENERATION』のDJも務めました。

大学を卒業するまで、プロとしての活動はないといわれていた裕哉さん。

現在は大学院を卒業し、いよいよ本格的にミュージシャン活動始動となるのかどうか。

一人のアーティストとして、現在、新たな一歩を踏み出したばかりです。

現在の活動は?


「音楽の日」出演で、世間の認知度をグンと上げた尾崎裕哉さんですが、先にも書きましたように、現在のところメジャーデビューはまだ果たしていません

が、その布石として、このあとさっそく控えているのが、初のソロコンサートです。

billboard classics

尾崎 裕哉 プレミアム コンサート ―「始まりの歌」―

今始まる新しい才能を目撃するために、尾崎裕哉の初の本格的コンサートを、日本有数のクラシック専用ホールとして知られる、
よみうり大手町ホールを舞台に開催する。父尾崎豊の声と意思を受け継ぎ、さらにその先を見つめる尾崎裕哉。
「始まりの街」をはじめとする瑞々しい感性に満ちたオリジナル作品群が、父尾崎豊の作品「I LOVE YOU」等と共に、
特別編成の弦楽クァルテットの旋律を纏い披露される。

SCHEDULE
2016年9月4日(日) 14:00 よみうり大手町ホール


このソロコンサートのチケット情報はこちら。

8月6日(土)より各プレイガイドから発売開始
チケット価格:6,800円 ※税込・全席指定 ※未就学児童入場不可
お問合せ:パシフィック・コンサート・マネジメント 03-3552-3831 (平日10~18時、土曜10~16時)

プレイガイド先行
◆ローソンチケット先行:エントリー期間:7/26(火)15:00~8/1(月)23:59
http://l-tike.com/
◆チケットぴあ 先行プリセール:エントリー期間:7/28(木)11:00~8/4(木)23:59
http://t.pia.jp/
◆イープラス プレオーダー受付:エントリー期間:7/28(木)12:00~7/31(日)18:00
http://eplus.jp/

billboard classics公式HP http://billboard-cc.com/classics/


まとめ


TBS系列の大型音楽番組「音楽の日」で、その存在を、有無を言わせず世間に認知させた尾崎裕哉さん。

自身がDJを勤めたラジオ番組サイトのプロフィールでは

将来の夢を「ソーシャルアントレプレナー(社会的起業家)」としており「人種・貧困・環境などの社会問題を音楽という手段によって解決しようという志を持っている」


と公開しています。

非常に意識の高い未来目標ですよね。

レベルの高い出身大学で、未来社会への貢献を視野に入れた部を専攻したのも、こういう思いが最初からあったせいかもしれません。

父、尾崎豊ファンの間では、尾崎裕哉さんの母親、繁美さんは、あまりよい評価は受けていませんが、母が誰であろうと、尾崎豊の遺伝子を引き継ぐ尾崎裕哉さんの現在の活動、今後の活躍を、尾崎裕哉ファンはもちろん尾崎豊ファンも期待を込めて心から願っているに違いありません。

父親を知る世代としては、伝説の父の存在に潰されてしまうことなく、自分の目指す道を見失わないよう突き進んで貰いたいですね。

その活躍を、今後、いつまでも見守っていきたいなと思います。

スポンサードリンク