画像名

先日スーパーのレジに並んでいたときのことです。

レジ横にカラフルで可愛らしいポチ袋が並んでいました。

「お正月でもないのに、季節外れだな」と思い、よくよく見てみるとポチ袋にはお盆玉の文字が。。。

「お盆玉?もしかしてお年玉のお盆バージョン?」

ここ数年、静かなブームになりつつあるお盆玉ってご存じでしたか?

聞いたことはあるけど、その発祥地や由来については全く知らないという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回はお盆玉について、その発祥地や由来、また渡す側としてはお悩みの種であるお盆玉の相場やポチ袋についてまとめてみました。


スポンサードリンク




衝撃!「お盆玉」は造語だった!



お盆玉とは、お盆休みに孫や親戚の子供にあげるお小遣いの事です。

ネットでは、お盆玉の存在を当たり前のように思っている意見と、初めて聞いたという意見と二通りあるようです。



お正月のお楽しみ「お年玉」と同様に、お盆玉も日本古来からあるものだと思っていたのですが、その歴史は以外と浅いものでした。

お盆玉の始まりは、2010年!

なんとメチャクチャ近年ではないですか?

正確に言うと「お盆玉」という言葉が出来たのが2010年、山梨県にある紙製品や包装資材を扱うメーカー「株式会社マルアイ」が作った造語なのです。

株式会社マルアイのサイトにも

お盆玉とは・・・・
お盆に田舎に帰省した子どもや孫、また祖父母にお小遣いをあげるという新しい習慣を広げる為に、2010年より夏の風物詩をデザイしたポチ袋を「お盆玉」として販売を始めました。
「お盆玉」の名称はマルアイで作った造語で、商標登録をされています。


と、書かれています。

お盆玉という言葉が出来たのが比較的最近、しかもひとつの企業が作った造語だったとは驚きです。



お盆玉の発祥地と由来



お盆玉という言葉自体は最近出来たものですが、お盆の時期に子供達にお小遣いを渡すというシステム(?)の由来となる習慣が出来たのは今よりだいぶ昔、江戸時代の事です。

夏に奉公人に渡した衣類や履き物などがお盆玉の由来とされ、発祥地は山形県の一部地域だったと言われています。

江戸時代の奉公人と言えば、商家に住み込みで休み無く働いているイメージがあるのですが、週休2日が定着している今とは違い、お盆やお正月のお休みは貴重なお休みだったのでしょう。

そしてその貴重なお休みに貰えるお盆玉の由来となった衣類や履き物は、とても嬉しいプレゼントだったのではないでしょうか。

お盆玉の由来となった衣類や履き物は、やがて高度経済成長期の昭和30年代頃になるとお金に変わっていきます。

商家や奉公人というと商人の多い大阪を想像してしまったのですが、お盆玉の発祥地は商人の多い大阪ではなく、山形県の一部地域が発祥地だというのはちょっと意外な感じがしました。

お盆玉の相場は?


お盆の時期に渡す特別なお小遣い「お盆玉」の相場ってどのくらいなのでしょう?

貰う側は大して気に留めないかもしれませんが、渡す側としてはこれはかなり重要な問題です。

すっかり定着しているお年玉については年齢別による相場があちらこちらのサイトで紹介されているのですが、まだまだ定着し切れていないお盆玉の相場はどうなんでしょう?

調べてみて一番多く見られたのはお年玉の相場よりちょっと低めとの意見でした。

因みに下の表は、2016年のお年玉相場です。

未就学児:1000円

小学校低学年:2000円

小学校高学年:3000円

中学生:5000円

高校生:5000円以上

「お盆玉の相場はこれだ!」と言い切ることはできませんが、もし可能ならご親戚一同で相場を決めた方が良いかもしれません。

おじいちゃん、おばあちゃん、おじさん、おばさん、みんな揃って相場を決めておけば「これがわが家のルールです」と子供達に宣言できますから。


スポンサードリンク



お盆玉のポチ袋あれこれ


お盆玉の特別感を演出するために欠かせない物、それはポチ袋です。

むき出しで貰ってもポチ袋に入れて貰っても、金額に変わりがあるわけではありませんが、やはり特別感は違ってきますよね。

お盆玉のポチ袋ってお年玉のポチ袋とどんな違いがあるのでしょうか?

画像名

お年玉のポチ袋は、凧や羽根つきなどのお正月遊びのイラストや獅子舞や干支などの縁起物のイラストがお馴染みですね。

画像名画像名

一方お盆玉のポチ袋は、金魚や団扇など夏らしいイラストが多いようです。

もちろんシンプルな紅白の水引のポチ袋も良いですが、やはり夏らしいイラストのポチ袋の方が貰う側としては楽しいですね。

実は子供の頃、お年玉のポチ袋を集めていたことがありまして、中味よりポチ袋の絵柄の方が重要だったという思い出があります。

違うおじさんからお年玉を貰ったのにポチ袋の絵柄が被ったりするとテンションが下がったり、可愛いキャラクターのポチ袋だと中味はせっせと親に渡してポチ袋だけ自分の宝箱に仕舞い込んだり(笑)

それくらい貰う側の私にとってポチ袋は重要でした。

最初にも書いたように、ポチ袋はスーパーのレジ回りにもありますし、文具売り場や100円ショップでも買うことができます。

でもちょっと頑張ってオリジナルのポチ袋を作ってみるのも素敵だと思います。

インターネットで検索すると、ポチ袋の作り方や型紙などが色々みつかるのでチャレンジしてみてはいかがでしょう?

まとめ


発祥地は山形県の一部地域で、お盆の時期に奉公人に渡された衣類や履き物が由来のお盆玉は、いつの間にやら全国区の行事になりつつあるようです。

発祥地である一部地域で行われていた行事が全国区の行事に変わっていく様子は、関西が発祥地である恵方巻きが、あれよあれよという間に全国区になっていった様に似ているような気がします。

その由来であった衣類や履き物がやがてお金に変わっていくのは、由来がお餅だったお年玉がお金に変わっていくのと似ていますね。

その由来や発祥地が忘れられて、全国区のお小遣いを渡すという行為に変わっていってしまうのはちょっと淋しい気がしませんか?

お盆玉の由来やその発祥地をお孫さんにお話ししてあげると、物知りおじいちゃん・おばあちゃんになれるかも?しれませんね。



スポンサードリンク