001372acd73d12041b8223


一生に一度は見てみたい絶景・・・
皆さんは見たことがありますか?



世界中にはこの世のものとは思えないような絶景と呼ばれる場所が多数あります。
日本にもこの絶景はあるんですよ。
そのひとつが北九州市にある河内藤園


2012年に海外のインターネットサイトで『世界の絶景10』として紹介されると、TwitterやFacebookなどのSNSで話題になり、世界中から注目されるようになりました。
2015年にはアメリカのCNNが選んだ『日本の最も美しい場所31選』にも選ばれじわじわ人気が出てきています。



今回はそんな河内藤園についてです!2015年の開花状況と電車やバスのアクセス方法や駐車場について調べてみましたよ!!


スポンサードリンク


河内藤園ってどんなところ?


河内藤園は福岡県北九州市八幡東区河内にあり、敷地面積3000坪の日本有数の私営藤園です。
1977年(昭和52年)に樋口正男さん(故人)が開き、1000坪の大藤棚を中心に、藤ドームや藤トンネル等があります。
開花時期には野田長藤、口紅藤、赤紫藤、青紫藤、紅藤、白藤、八重藤、長藤、中藤、短藤など22種類、約100本の藤の花が咲き乱れます。



入園料が300円~1000円と開花状況によって変わるそうで、最大の1000円の時期には満開の素晴らしい藤の花を見ることができます!
また、河内藤園では観光客が増え、藤の木を傷めるかもしれないためCMなどの宣伝を一切しておらず、まさに知る人ぞ知る場所となっています。



河内藤園2015年の開花状況!


例年5月のゴールデンウィーク頃に見頃を迎える河内藤園ですが、今年2015年の開花状況はどうなのか調べてみました!



4月30日現在の最新の情報によると、現在の入園料は1000円で8分咲き。満開予想は5月2日から5月10日頃だそうです!
早咲きの藤もあるため、そちらはすでに満開となっているようですが、人気の藤のトンネルが満開になるのはまさにゴールデンウィーク真っ最中ということになりそうですね。



今から行けば童話の世界を思わせる素晴らしい藤の花を見ることができますので、是非連休のお出掛け候補に河内藤園を検討してみてください!




スポンサードリンク


電車やバスのアクセス方法や駐車場は?


宣伝を一切しない河内藤園への行き方について調べてみましたよ!
この藤園ですが、残念ながら最寄駅が遠いため、行くなら電車とバスで行く方法と自家用車やタクシー、レンタカー等で行く方法しかありません。



まずは電車とバスでのアクセスですが、JR八幡駅から56番路線「上重田」行きで終点の上重田バス停まで行きます。そこから河内藤園までは徒歩1時間弱です。
ネットには河内小学校前バス停から徒歩10分の案内があるサイトもありますが、残念ながらこのバス停は2011年に廃止されていますのでご注意ください!
少し道のりは遠いですがハイキングがてら歩いて来る人も多いそうですよ。



もうひとつおすすめが河内温泉あじさいの湯の送迎バス利用です。河内藤園から徒歩3分ほどのところに温泉施設、河内温泉あじさいの湯があります。
この施設利用者のために八幡駅または到津の森公園から無料送迎バスが出ています。
河内藤園と合わせて温泉も楽しむなら是非お勧めです!
でもあじさいの湯を利用しない方は乗っちゃダメですよ。



次に自家用車やレンタカー等で行く場合は北九州都市高速道路4号線「山路」または「大谷」ランプを下車し、約15分ほどです。
ただし、ここ数年は観光客が多く渋滞が発生してしまい通常15分のところ2時間くらいかかることもあるそうです。
駐車場は第一、第二、臨時駐車場の3か所あり無料となっています。



開園時間は朝の9時からとなっていますが、ゴールデンウィーク中の繁忙期は9時前から開園している場合もあるそうです。
9時には第一駐車場はすでに満車となっているとのことなので時間に余裕があるなら朝早くに出るのがお勧めですよ!



まるでおとぎ話の世界に迷い込んだかのような絶景、河内藤園
一番綺麗なこの時期に一生に一度は訪れてみてはいかがでしょうか?



スポンサードリンク